思い出引越し
ホーム > 注目 > 時代とともに変化した女性の仕事への意識

時代とともに変化した女性の仕事への意識

経済情勢が変化し、不況の波がなかなか引かない昨今では、女性の仕事の仕方がかつてとは異なっています。
かつては、女性は学校教育が終わった時に就職をしても、数年後には専業主婦になるものでした。
日本の景気が非常に悪かった就職氷河期は、女性はなりたい仕事にはつかず、妥協した仕事の選び方をしていたようです。
その先に見えていたのはやはり、いずれは結婚して専業主婦になるという仕事のスタイルがあったのです。
正社員として仕事をする人が減少し、パートやアルバイトなどの非正規雇用者が昨今はふえています。

瞬間サラサラで汗を抑える足さら!